「自己実現」という観点から見た英語を学ぶメリット4つ

こんにちは!はっとりです!

今回は、「英語を学ぶメリット」について書いていきます。

英語系の発信ではありふれた内容かもしれないですねw

ですが、今回は

「自己実現」という観点から、「各英語学習の段階に応じてどんなメリットがあるのか」

という、ちょっと違った視点から書いていきたいなと思っております!

①初心者フェーズ 危機感を免れることが出来る

多くの日本人はもう何年も以下のようなことを言われ続けて、英語に苦手意識を持っています

  • 「英語が出来ないとこれから取り残される!」
  • 「日本人のカタカナ英語では通じない!
  • 「これからの時代英語が出来ないと恥ずかしい!」

まぁ僕は全然そんなことないと思っているのですが笑
でもそれは今回は問題ではなくてw

要は、
「英語話せないといけない!でも話せない!」
という”危機感”に苛まれてるんですね

で、僕たちはその”危機感”の中に長くいたくないわけで、そこから抜け出して「安心感」を得たいんですよね

その危機感→安心感の変換を行うために、学生は英語の勉強、社会人は英会話教室に通ったりTOEICの勉強に励んだりするわけです笑

で、実際その勉強の成果(主に数字ですね笑 テストの点数とかTOEICのスコアとか)に伴って、周りからの評価が変わるんですねw すると次の段階に移ります

②中級者フェーズ 承認欲求満たすことが出来る

日本人にとって「英語が出来る」ってめっちゃ格好良く映るそうなんですよね まぁ僕もそう思ってるんですけどw

それで、学校で英語が得意だったり、TOEICの点数が上がってくると「すごいね!」みたいな反応が少なからず出てくるわけです。

で、多くの人にとってめっちゃこれが気持ち良いんですよねw

それで、もっと認められたくなってTOEICの勉強や英会話教室に力を入れて、また評価が上がって…

英語学習者の人口がこのフェーズに集中してるのは、彼らの得たいモノ=承認欲求を最も効率良く満たせるフェーズがここだから、と言っても過言ではありません。

③中上級者フェーズ 飾りとしての機能を果たす

承認欲求というのは、結構自己満足の世界なところがあって、

「文法とか丁寧な表現とかわかんなくてもコミュニケーションが取れてればええやろーw」

っていう感じで、この時点で満足する方が多いんですよねw

実際コミュニケーションを取るところまで習得すれば、国内でそうそう困ることはないですし、英語を学ぶ目的は一旦成し遂げられてる訳ですし、なによりこの中級者ゾーンから脱するには、またさらに多くの努力と時間を注ぐことが不可欠になりますし、最も賢い選択の一つだと思いますw

なので、この段階からさらに上を目指す人って、承認欲求の段階からちょっと出て
「必要に迫られる」
という段階を経る人が多いんですね

「就活で、TOEIC600より700の方がインパクトがあるから欲しい」
とか
「海外事業部に異動する、昇進するのに700がいる」
とか。

で、頭の良い人や時間と熱量を英語に注げる人は結構簡単にそれくらい(中上級くらい)の点数は取るわけです。

で、僕はこの段階を「飾りとしての英語力」と呼んでます笑

ちょっとディスってる感じがある呼び方なんですけど、そう考えるのが一番しっくりくるんです(実際にディスってるわけじゃないですよw)

それってなぜかって言うと、周りからの評価と実際自分が出来る事っていうのが、この段階が一番乖離してるなーって感じるんです。

というのは、TOEIC700とかになってくると「結構英語得意な人なんやなー!」みたいな印象が強くなってくる段階で、周りの人は色んな期待をかけるようになるんですよね。
海外メーカーとの窓口やらせてみようかーとか、それこそ国際部みたいな部署でやらせてみようかーとか…
しかし、実際この段階の英語のレベルは、TOEIC600レベルより少し洗練されてますよっていうレベルで、「英文でのメールの作成がちょっとスムーズですよ」くらいのものなんですよね。

なので、実際は中級者よりもちょっと出来ますよーレベルなんだけど、周りからはとてつもない目線で見られがちっていう意味で、「飾りとしての英語力」感が強い段階だと言えます。

④上級者入口フェーズ なりたい自分像と接点が持てる

ここまで来れる人は本当に一握りですw

そもそも英語に苦手意識のある日本人の中で、英語に対して取り組むというフェーズを超え、中級者に至り、中上級者を踏み越えてここまで来るのには相当な勉強時間と熱量、場合によってお金も必要です。(帰国子女やら元々の地頭がありえんくらい良い人は置いといてw)

ここまで来られた人は英語を通して何か成したい目標があったり、英語を活かして他の人に出来ない何かを成したいなぁと思うようになる人が多数だと思ってます(じゃないとなかなかここまでこれないですしね笑)

で、そんな人達にとって英語を学習するメリットとして挙がるのが、もう承認欲求とか周りの評価とか踏み越えて、「英語使ってどう自分に還元していこう?」みたいな段階の人たちと接点を持つことが出来るようになるんですね。

というのも、僕自身がまさにそんな経験をしてw
このブログの「はじめまして」のページにも載ってたりするんですけど(よかったら見ていってやってくださいw)

当たり前のようにTOEIC900取ってる人が、当たり前のようにTOEICスコアを踏み越えて「勉強してきて得た英語力をどう活かそうか」とか、「英語活かしてこんなこと成してきたよ」みたいな人と親密になれたりするんですね

まぁもちろんこの段階に来なくてもそんな人達と接点持つことは可能なんですけどねw
ただやはりこの段階来てないと、どこか温度差を感じすぎる訳でw
ある程度実力をつけてきたからこそ、そんな人達を見て
「あぁ、こんな人達みたいになりたい」
っていうのを具体的にイメージ出来ると思うんですよ。
「少なくとも英語力は自分も同じくらいあるんだから、この人たちから英語をどう活かすか学べばこんな風になれるかも!」
みたいな。
そんな風に自信を持って目標像として据えることが出来るんですね。

それで、今まで英語を習得することに明け暮れてきたんだけれども、「そもそも英語を習得して何がしたかったんだろう」みたいなところに立ち返って、より高いステージを見て「あぁ、自分はこんな風になりたかったんだ」みたいなのを再確認できると思うんです。

なので、「英語を活かして人生を良くしてる人たちとより近いところで接点を持って学んでいける」というのが、この段階での英語を学習する最大のメリットであり、これを得ることが出来たら、「今まで考えることが出来なかったくらい魅力的な、なりたい自分」に近づけるというのが、とても魅力的に思います。

最後に

今回はガッツリ「僕の視点からみたらこうだよ!」みたいなのが強い記事になりましたw

「英語を学ぶメリットはこれだよ!」っていう記事や発信は結構見かけるんですが、かなり「実態とかけ離れてる感」が強くて、「英語が出来たら人生パラダイスだからやりなよ!」みたいな、「誇張」が過ぎるなぁと感じていたので、あえて僕が感じてきた赤裸々英語メリットに傾倒して書かせていただきましたw

ちょっと前の自分が読んだらグサッとくるような事が書いてあったりしながらも、やっぱり英語を学ぶことで得られるモノはあるんだ。というような記事にしたつもりですが、いかがでしたか?

やっぱり僕が英語を学習してきて一番求めてたのは「自己実現」であって、その観点から見た時に「実際英語を勉強してきて、どんな事を得られたのか」を包み隠さず誇張せずに落とし込んだので、「自分も自己実現のために英語を勉強してきたんだ!」という方にとって特に有益な記事となっていることを願います。

今回も、最後までお読みくださりありがとうございました!

英語を上達させて、自己実現に結びつけたい!なりたい自分に近づきたい!
そんな風にあなたが思ってくださったなら、LINE@にてもっとダイレクトに情報を共有したいので、お気軽にLINE@に登録して下さればと思います!

それでは!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

”英”語を”活”用するために学ぶ20代男性 ”英活”=”英語を活用して人生を豊かにしている様子” 中学時代の2/3もの間不登校となり、学力が底だった状態から英検準一級を取得し自信に繋げる。 その後、地元輸入商社に勤めるも、事務的な英文でのやり取りに嫌気がさし、「真に英語を活かすとは何か」について考えるようになる。 ◇はっとりの提供するもの ・勉強の素地ゼロから英検上位級である準一級を取るまでに培った 「英語学習法」や「マインド」 ・純日本人のはっとりが、真に英語を活かすため暗中模索するその過程←メイン!