【<英語>発音学習】発音初心者脱却のための、たった3つのポイント

【<英語>発音学習】発音初心者脱却のための、たった3つのポイント

こんにちは!はっとりです!

突然ですが、あなたは英語の発音は得意ですか? 自分の発音に自信がありますか?

そう聞かれて、「はい!自信があります!」

そう答えられることは素晴らしい事です!

しかし、「私は発音に自信がある!」と言う人の、決して少なくない割合を

<それっぽく発音してるだけで、実はネイティブor準ネイティブに全く伝わらない「なんちゃって発音」>

で自己満足している方が占めているんです!

日本国内の英会話教室や英語の授業では、それで「おぉ!」と言われていても

実際に英語を使っている人が聞いたら「ちょっと何言ってるかわからない…」

そんな状況になってしまうんです。

なので今回は、そんな「なんちゃって発音」を脱するために必要な

たった3つのポイントをお伝えし

「ネイティブor準ネイティブに通じる本当に英語らしい発音」

にグッと近づいて頂きます!

今回は、「初心者向け発音の基本をお伝えする」記事になりますので

  • 【脱・初中級者】の領域を終えた方
  • 英語は”勉強する”だけで”使う気はない”方
  • 英語を”仕方なく”勉強している方

ブラウザバック推奨になります。

①LとRの差を”正しく”理解する

発音では恒例、日本人が苦手とするL,Rサウンドですね笑

日本語では「ら、り、る、れ、ろ」で一括りにされているため

この違いについて多くの日本人は意識しないんです。

しかしながら、英語ではこの二つは「全く別の音」なんです。

そのため、LやRが含まれた単語を発する際、それっぽーく発音してみたとしても

しっかりLとRの違いを把握したうえで使い分けないと、ネイティブには通じないことがほとんどなんです。

では、具体的にその二つの発音方法の違いについて書いていきますが、

音声という都合上動画の方がわかりやすいかと思いますので、動画のリンクを貼らせていただきますね。

Lの発音について

Lの発音のイメージですが

舌の先端を前歯の裏につけ、下にスライドさせて発音するイメージです。

「Lick=舐める」という英単語がありますが、まさに前歯の裏を舐めるイメージですね。

そのイメージに合致した動画もありますので、よろしければそちらもどうぞw

といった感じに、舌の先端を前歯の裏に密着させるので

少しこもった印象の発音になります。

また「Calm=落ち着いた」といった英単語のように、Lの次の文字が子音だった場合

「カァム」のように聞こえる事もあります。

しかしながら、「舌が密着したイメージ」が馴染むと

実際にLサウンドが耳に入った時に、「あ、この音はLだな」とわかるようになります。

その「聴いてわかる感覚」が手に入るように、Lの発音のイメージをしっかり身に着けていきたいところですね。

Rの発音

Rの発音については、日本人があまり使わない舌使いということもあり

苦手意識を持たれるかたも少なくないのではないでしょうか?

しかし、舌がどんな状態になっているかが把握出来れば、簡単に発音出来るようになりますので

是非押さえていきましょう!

Rの発音は、舌を口内の奥に引っ込め、かつ舌を口内のどこにも密着させてない状態で発音されます。

その状態で、Rを含む発音をしてみてください。Researchとか、Releaseとか…

はい、ほとんどの人がこれで正しく発音されていることでしょう!

実際に上に貼ったL,Rサウンドの違いについての動画と、自分の発音を聞き比べてみてください。

既に、かなりネイティブに近い形で発音されている事でしょう。

はい、この時点であなたは日本人の中でもかなり正しい発音が出来る部類になりました!

大げさに言っているわけではありません、本当に、「それっぽ発音」で満足している人が多いんです!

なので、この違いを「把握していること」に誇りを持って、

これから 聞く+発する 際に、最初はゆっくりでOKなので、意識してみてください!

②THの発音

英語の発音において、2番目に気を付けたいのが、このTHの発音です。

というのも、この発音も、SやDと混同しやすいんですね。

例えば、あなたが「I think…」と言っているのに、アメリカ人が「君は沈めるのかい?」と思っていたら

これは小さい問題でしょうか?

大げさに聞こえるかもしれませんが、大切な話です。

実際、SとTHを区別しない場合、「シンク」とあなたが言った場合に

ネイティブには「Sink」と聞こえてしまう場合が多いんです。

日本人に慣れた人は、文脈で把握できるかもしれませんが、それを強要し続けるのはさすがに申し訳ないですよね?笑

また、あなたが「This is…」と言っているのに、アメリカ人が「DIS」って何…?と思っていたらどうでしょう?

これも大げさではありません。THとDを区別しなければなりません。

もうあなたは、「TH」の大切さを十分に知っている事でしょう。では、動画を参考にしてみましょう!

THサウンドは、英語で非常に登場数が多いです。

The… They, Their, Them, theirs… This… That… These… Those…

なので、このTHサウンドを区別出来るようになった時

あなたの発音、そして聴解力は、これを知らない時よりも飛躍的に上昇させるます。

③シュワサウンド

上記の「L,R」や「TH」と違って、この「シュワサウンド」は、あまり聞きなれない方が多いのではないでしょうか?

「シュワサウンド」とは、日本においては「曖昧母音」と呼ばれ、「ぁ、ぅ、ぉ」の中間に位置する母音となります。

これについては、馴染みのない方が多いでしょうし、込み入った話になりますので

関連記事にて詳しく解説しています。

あわせてお読みいただくことをオススメします。

日本人があまり意識しない かつネイティブが多様するシュワサウンド

2018年12月2日

結論

今回は、発音初心者脱却のために、押さえるべき「たった3つ」のポイントについてお伝えしてきました!

発音については、最近になるまでは大学入試での配点が低い事もあり

あまり注目しないでも点数が稼げたかもしれませんね?

しかし、実際に”話す”だけではなく、”聞く”という視点においても非常に大きな役割を果たします。

しっかり押さえて発音に対しての苦手意識を払拭し、”英語を話せる”という意識に移行していきましょう!

最後に

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

このブログでは、英語を学ぶ事によって自己実現を果たし、買い叩かれる現状から脱することを目的に情報を発信しています。

しかしながら、ブログでの発信は性質上一方的に僕から記事を発信する形になりがちです。

そこで、より濃密で、あなた自身に根差した情報を発信出来ないか? と思いLINE@を始めました!

  • 「はっとりからもっとこんな事を発信して欲しい!」
  • 「僕は今こんな理由で英語を勉強してるんだけど、どんな勉強をしたらいいか教えてくれ!」

など、今画面の前のあなたに役立つ情報を、こちらを通してお届け出来たらと思っています!

登録してくださった方”だけ”にお届けする情報などもご用意する予定ですし、先行で登録してくださった方には、より濃密な情報をお届けしたいと思っておりますので

ぜひお気軽にご登録頂ければと思います!

友だち追加

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

”英”語を”活”用するために学ぶ20代男性 ”英活”=”英語を活用して人生を豊かにしている様子” 中学時代の2/3もの間不登校となり、学力が底だった状態から英検準一級を取得し自信に繋げる。 その後、地元輸入商社に勤めるも、事務的な英文でのやり取りに嫌気がさし、「真に英語を活かすとは何か」について考えるようになる。 ◇はっとりの提供するもの ・勉強の素地ゼロから英検上位級である準一級を取るまでに培った 「英語学習法」や「マインド」 ・純日本人のはっとりが、真に英語を活かすため暗中模索するその過程←メイン!