英語中級者におススメしたい勉強方法2つ!

英語中級者におススメしたい勉強方法2つ!

こんにちは!はっとりです!

今回は、「英語中級者におススメしたい勉強方法」をテーマに

おススメしたい勉強方法について2つ、お伝えしていきたいと思います!

中級者は、英語学習者のボリュームとして最も多数を占める位置にあたります。

というのも、中級者から上級者に至るまでの壁は厚く

中級者のまま停滞する方、中級者で満足する方、そしてそのまま挫折、脱落してしまう方が少なくないんですね。

しかし、せっかく中級者と呼ばれるまで培った英語力を、伸ばさずに放置するのはもったいないように思います。

なので、中級者を脱するための勉強の参考として頂ければと思います。

そもそも英語中級者って?

ひとくちに”英語中級者”とは言っても、人によって定義は異なります。

そこで、ここではざっくりと

  • TOEIC450~750
  • 英検2級~英検準1級

レベルと捉えます。

「ざっくりしすぎじゃねー?」

という声も聞こえてきそうですが、TOEICや英検での換算もそれこそ曖昧ですしキリがないので

あくまでもざっくりと…ということで、この前提で話を進めていきたいと思います。

①瞬間英作文

瞬間”英作文”というタイトルですが

英”会話”をスムーズにすることを目的に作られた参考書となっています。

瞬間英作文の詳細内容は↓の関連記事をご参照ください

英語の勉強の始め方!〈英作文編〉

2019年4月7日

瞬間英作文を実施して得られるメリットは2つあります

  1. 反射的なアウトプットの体得
  2. 会話で使う表現の拡張

①反射的なアウトプットの体得

中級者レベルになると

既に単熟語、語法、口語表現など、様々な英語での表現を学んだ状態と言えます。

しかしながら、”会話”となるとどうでしょう?

上記関連記事でも触れましたが、我々日本人英語学習者の多くが

日本語→英訳→英語で話す

の工程を踏んで英語を話しています。

そしてこれを行う時、例え中学英語の教科書で習った内容でも、瞬時に発する事が難しい時さえあります。

瞬間英作文は、それを克服し、自分の言いたいことを反射的に発する訓練に最適です。

会話、そして作文をするときに

「これってこの表現で良かったっけ…?」

という現象も少なくなるので、会話、作文ともに、非常に効率的なアウトプットの土台となるでしょう。

②会話で使う表現の拡張

瞬間英作文は、基本的ながらも様々なバリエーションの日本文→英文パターンを参照することが出来ます。

例えば

「リーディングやリスニングで使われたらわかるけど、自らは率先して発さないであろうパターン」

ってあるじゃないですか?

完了形+受け身なんかは今でも僕は考えながら発言することが多いです笑

しかし、瞬間英作文では

「こういう事を言いたいときはこの型!」

というような瞬発的な記憶の引き出しを得る事が出来るので

結果として会話で使う事の出来る表現に幅が持てるようになります。

②精読

精読とは

「英文の文章構造をしっかりと把握した上で読んでいく」

ことを指します。

【中級者→中上級者!】TOEIC600→700オーバーへの勉強法

2019年4月29日

精読については↑の関連記事にて、リーディングパートで触れました。

詳しい精読の詳細についてはそちらを参照ください。

精読を行うことにより、英文を読む際、意味を予測しながら読んでいく事が可能になり

結果として英文を読む際、正確に、そして素早く読むことが可能になります。

「そこまで文構造把握に自信がない…」

という方には、英文解釈をおススメしています。

普段、文構造にあまり着目しない人ほど

「こんなに長文が楽になるなんて!」

と思うはずです(僕がそうでしたw)

基本から難しい文章まで網羅した

「基礎・英文解釈の技術100」

がオススメです。

なぜこの2つを勧めるのか?

私がこの2つの学習方法を勧めるのには、2つ理由があります。

  1. 英語に取り組む際のストレスを低減させる
  2. ①によって、英語に能動的に取り組みやすくなる

英語に取り組む際のストレスを低減させる

瞬間英作文に取り組むことによって、英語をアウトプットするのが非常に楽になります。

自分の言いたい事をまとめて、英語に変換し、その上時制や能動受動を考えるのは非常に大変で

億劫になったりもします。

そこで、瞬間英作文を用いて、相手に伝えたい事が浮かんだ時点で条件反射的に型に当てはめる事で

アウトプットする際のストレスが低減され、より能動的に英語を使いやすくなります。

また、精読に取り組むことによって、英文を読む際のストレスが低減されます。

読み返しの回数も減りますし、スムーズに英文を読めますので、読むスピードも速くなります。

読むことに集中できるようになると、読んでいる英文の内容もスムーズに入ってきて

純粋に読み物として楽しむ余裕が出てきます。(英検や入試問題の長文なんかも内容が勉強になって楽しいですよね笑)

② ①によって、英語に能動的に取り組みやすくなる

僕たち日本人英語学習者にとって、英語を学ぶ事によって得られる自己実現や自己成長が糧になっていて

結局英語を勉強する意味って何なのさ? 英語の勉強を最大限活かすために

2019年4月23日

それを満たすことで喜びを得ます。

しかし中級者になってくると、長文を読む事へのプレッシャーや

上級者までの期間が長い分、成果になって表れない期間、母国語よりも読みにくい英語に対して、”勉強してる”感が出て

”やりたくなーい!”が勝ったりするんですよね。

しかし、そのプレッシャーとストレスを低減し、英語に対する意識を能動的にすることによって

より英語を楽しく、有意義に感じられるようになります。

これにより、英語の経験値を抵抗なく積み上げ、長い英語中級者の期間を有意義にし、かつ早い段階で脱却しやすくなります。

結論

今回は、「英語中級者におススメしたい勉強方法」をテーマにお伝えしてまいりました。

  • 瞬間英作文
  • 精読(英文解釈)

を通して、アウトプット、そしてインプット面で生じる

  • プレッシャー
  • ストレス

を低減させることで

  • 英語に対し、能動的になる
  • 長い中級者期間を有意義に、かつ早い段階での脱却を促す

という事に触れました。

英語学習って、出来るようになる喜びがあって成り立ってるんですけど

その一方で、成果が出るまで一定の期間が必要だったり

わからない表現が続いたりすると、勉強を始めるのにプレッシャーになったりしますよね?

しかし、それらを低減させる英語力を集中して身に着ける事で

英語に対して能動的にになり、英語学習をより有意義なものに出来る…というわけです。

この記事があなたの英語学習から、プレッシャーやストレスを低減するものとなり

あなたの英語学習をより有意義に、よりレベルの高いものとする一助になることを願っています。

最後に

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました!

このブログでは、英語を学ぶ事によって自己実現を果たし、

  • 出来ない自分からの脱却
  • 出来る自分への跳躍

を果たすことを目的に情報を発信しています

しかしながら、ブログでの発信は性質上一方的に僕から記事を発信する形になりがちです。

そこで、より濃密で、あなた自身に根差した情報を発信出来ないか? と思いLINE@を始めました!

  • 「はっとりからもっとこんな事を発信して欲しい!」
  • 「今こんな理由で英語を勉強してるんだけど、どんな勉強をしたらいいか教えてくれ!」

など、今画面の前のあなたに役立つ情報を、こちらを通してお届け出来たらと思っています!

登録してくださった方”だけ”にお届けする情報などもご用意する予定ですし、先行で登録してくださった方には、より濃密な情報をお届けしたいと思っておりますので

ぜひお気軽にご登録頂ければと思います!

友だち追加

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中学時代に不登校を経験し、be動詞が何か説明出来ない状態から英語を勉強して留学した後に英検準1級を取った系メンズです。 頭が悪くても意志が弱くてもちゃんと英語が出来るようになる方法をお届けしています。