2019年夏、【企画】”自立型”英語学習 始まります

こんにちは!はっとりです!

前回の記事を投稿してから一か月ちょっと空いてしまっていたんですが

その間に、実は遊んでたわけじゃなくって

はっとり
このブログ、どうにか具体的に読者さんに何か提供出来ないかな…?

と、ずっと考えてたんですね。

というのも、このブログ

  • 英語学習、ちゃんと続けて来たんだから100%活かしたいじゃん!
  • 世間の「英語が出来ないとヤバいぞ!」に踊らされるだけじゃ、訳も分からず時間とお金を搾取されてるだけ!
  • 結局、英語を学びたい動機は「出来る自分への跳躍」に集約されるよね?

という内容を発信してまいりました。

結局英語を勉強する意味って何なのさ? 英語の勉強を最大限活かすために

2019年4月23日

そんな中で、具体的な英語の勉強方法などについても発信して来ましたが

はっとり
ブログの発信だけじゃ、一方通行でしかないじゃん…?

という思いもあって、何か僕から”あなたへ”具体的な事が出来ないかなぁと

そんな風に考えてたんですね。

そこで、僕が今、これを読んでくださっているアナタに出来る事って何かな?と考えた時に

はっとり
搾取されない自分になるための”自立型”の英語学習法なら伝えられる!

という結論に至ったんです。

「なんやそれ?」と思って頂けたらめちゃくちゃ嬉しいですw

では、その「なんやそれ?」について

  1. どんな人に、”自立型”の英語学習が不可欠なのか?
  2. ”自立型”英語学習のゴール
  3. なぜ”自立型”の英語学習が”搾取されない”につながるのか?
  4. ”僕”から”直接”このサービスを受け取る最大のメリット
  5. このブログからの特別オファー

を軸にお話させて頂きます!

① ”自立型”の英語学習って、どんな人に必要なの?

ざっくり言うと

  • 英検2級、準1級を目指していて、その先も英語力を伸ばしていきたい
  • TOEIC600、700を目指していて、その先も英語力を伸ばしていきたい

というような方です。

というのも、英語学習と一口に言っても、その学習方法、分野は様々です。

単熟語などの語彙知識、文法知識、英文解釈および長文読解、英作文、リスニング、スピーキング…

さらに、それらは独立しておらず、様々な形でリンクします。

英語4技能マルチトレーニング 基本的かつ画期的な勉強法

2019年5月6日

そう、英語学習って結構複雑なんです。

なので、最初のうちはがむしゃらに勉強するしかなかったり

ある程度出来るようになってからも、成長が行き詰った時に

「何につまづいているんだろう…?⇒わからない」

といった状態に陥ってしまいがちです(僕もそれでめっちゃ悩みましたw)

そこで

  • 英会話教室
  • 資格取得コース

を頼る事が多いのですが(かく言う僕もそうだったんですが…w)

こうした状況”こそ”、英語学習を自立させるチャンスなんです。

なぜ上述に当てはまる人に”自立型”が最適なのか?

結論から言うと

  1. 初心者~中級者が引っかかるポイントは、自力で解決出来るケースが多い
  2. 初心者の壁、中級者の壁を”自力で”超える事で、長い上級者の英語学習を”自立”させられる

という事が言えます。

  • 初心者~中級者が引っかかるポイントは、自力で解決出来るケースが多い

TOEIC600や700、ビジネス英会話のコースとなると、費用も高額になってきます。

確かにそれらのコースは、先生がついてくれますし、難しい知識も丁寧に解説してくれます。

教えるプロですし。

しかしながら、日本人が持つ英語に対しての苦手意識や、躓きやすいポイントなどは

既に書店などで1000円~3000円程度で売られている参考書が既に解決されているものが多いんです!

初心者の段階に、英会話教室や英語資格取得コースで提供されるものは、参考書に書かれたものと重複するものも非常に多いので

「結局自分の勉強が大半だなぁ」
と感じる方が多いはず!(少なくとも僕はそう感じましたw)

中級者の方に関しても、

「どこがどう詰まっているのか、どの勉強をどう実践したら解決するのかを知りたい!」

という理由から英会話教室という選択肢を取るかもしれませんね。

その際、重要になるポイントって

具体的な英語知識を教えてくれることよりも

むしろ、「ここをこうしたら良いんじゃないかな~?」

っていう、客観的な、コーチングの部分じゃないですか。

その上で必要な知識って、やはり自力で身につく部分が多いんです。

以上の点から、初心者~中級者の期間は特に、”自己解決出来る問題が多い”

という事が出来るわけです。

  • 初心者の壁、中級者の壁を”自力で”超える事で、長い上級者の英語学習を”自立”させられる

上述した通り、初心者、中級者については

既に良書と呼ばれる参考書にて補える知識がほとんどです。

つまり、そこでこそ英語学習の”自立”を促しやすい…ということですが

逆に、そこで英語学習を自立させられないと

”卓越した誰かに教わり続ける”事でしか、英語を学べなくなってしまいます。

日本にはTOEIC990、英検1級を持っている人がどれくらいいるでしょうか?

また、それを”教える”人はどれくらいいるでしょうか?

TOEIC満点、英検上位級など、教わりたいもののレベルが高くなれば

その分教えてくれる人のレベルも高くなり、その分、教わるための費用なども高くなります。

卓越した先生ほど忙しいのは明らかですからね。

そんな中で、教わる事を前提とした”依存型”の勉強方法では

英語力を高めようとするたびに大きな金額を投資しなくてはなりません。

そこで、学ぶべき事の多い初心者~中級者の壁を打破する事で

”自力”で”恒常的に”英語力を伸ばす術を身に着けてやろう!

ということですw

Q.なぜ初心者~中級者の壁を打破する事で、英語学習を自立させられるの?

A.一度壁を超えると、その先もそれまでと同じプロセスで英語力が成長していくから

よく、物事はらせん階段状に成長していく…と言いますが

それと同じで、英語力が伸びるまでの過程って

  • 単熟語学習+英文法学習+英文解釈→長文読解力
  • 長文読解力+リスニング演習→リスニング力
  • 英文法知識+英作文演習→英作文力
  • 英作文力+英会話演習(瞬発力)→英会話力

という風に、一枚岩じゃないんですよね。

ただ、「英語力が伸びた!」ってなる時って、これらが包括的に行われた時に起きる現象なわけで

一度それを経験すると、そこからまた1ステップ伸ばす時に、何をどれくらいすれば良いのかがわかるようになるんです。 それも、体感的に

そうなったら、自分が今どんな状態で、どんな勉強をして、どれを伸ばすべきかがわかるので

どのレベルに達しても、自分で英語力を伸ばし続ける事が出来るようになるわけです。

これに至るまでは、やるべき事が多すぎて混乱するために、

常に「この勉強法で良いんだろうか?」という不安の中で、ころころ勉強法を変えるなどして失敗しがちです(僕がそれでだいぶ苦労しましたw)

そこを最短でクリアして、最適な勉強法を自分で取れるようになろう!という目論見です!

②”自立型”英語学習のゴール

あなたの具体的な目標、

  • TOEIC600
  • TOEIC700
  • 英検2級合格
  • 英検準一級合格

を達成する事です!

しかし、ここで私が提供するのは、その目標達成に必要な英語知識”ではなく”

”その目標に対して、あなた自身の力で到達出来る力”です!

上述のように、英語学習は見た目より複雑で、さらに成果が出るまでは一定の時間が必要です。

しかしながら、これも上述しましたが、これらの目標に向かって、英語力を1ステップ伸ばした体験を経た時に

「あ、これからも同じ過程で伸ばしていけるわ」

という感覚を手にすることが出来るんですよ。

それが英検2級であっても、準一級であっても、TOEIC600でも700でも

その体験をがあれば「あ、次英検1級orTOEIC900もこの勉強をこんな風に、大体これくらいの時間でイケるな」

っていうのがわかるようになるんです。

その「体感」を得るのが、この”自立型英語学習”のゴールというわけです!

③なぜ”自立型”の英語学習が”搾取されない”につながるのか?

A.各英語力向上を売りにするサービスを、”こちらから”利用できるようになるから

近年の英語需要の高さによって、英語指導を売りたい人たちが

  • 英語が出来ると、こんなに良いことがありますよー!
  • 英語が出来ないと、こんなことが危惧されますよー!

と言って、英語を学んでもらおうとするじゃないですか?

それで英語学習者が増えること自体は、いち英語学習者として嬉しいんですが

上記の理由でぼやーっと学習するには、上達までにかかる

  • 労力
  • 時間
  • お金

が割高だと言わざるを得ないんですよね。

しかし、英語学習者が自立している人は

  • 自分にはこのスキルが足りないな→これを埋めるためにはこれだけ時間がかかるな→じゃあお金払って、時間短縮するか!
  • 今の自分に足りないのはAとBのスキルだな… Aは教材で勉強した方が良い、Bはお金払って教室通えば時間短縮出来るな

というように、”自分に必要なサービスを、過不足なく「自分で」判断する”

ことが可能なんです。

  • ただ英語需要に煽られて、英語力向上の意欲を理由に”搾取”されるのか
  • 自分の英語力向上のために、こちらから英語業界を”利用”するのか

という点で、明確に差が出てくるということです。

④”僕”から”直接”このサービスを受け取る最大のメリット

Answer
  • 大学の英文学科、英会話教室、TOEIC対策教室、語学留学などを通して、様々な視点から英語を学習してきた私から
  • ”直接”サービスを受ける事で、”これをお読みのあなた自身”が”自立”までの”最短ルート”を”リアルタイムで”受け取る事が出来ます。
  •  様々な視点から、長い期間英語を学習した、「包括的な視点」

僕が本格的に英語の勉強を始めたのは18歳の頃で、大学の専攻を英語に選んだのがキッカケだったんですね。

それで、

はっとり
「高校生と違って専門分野を勉強するんだから、英語に関しては他の大学生に負けないようにしよう!」

という意識で取り組んでいたので、大学の授業や英会話教室、TOEICやTOEFLなどの英語学習対策講座などを片っ端から受けていたんです。

それに加えて、大学生にとって「留学」が一般化している事にも危機感持っていて

はっとり
「せっかく英語専攻するし、留学したい!でも、やるからには短期よりも長くしたい!」

という意識で、半年間語学留学もしたんです。

まぁそんな感じで英語を伸ばすために色々なサービスなどを受けながら勉強してたんです。

それで、その結果

「あれ?英語学習の軸って結局自習じゃね…?」

っていう事実に行き着いたんですよ笑

「え?そんだけ英語のサービスがんがん受けてて行き着く所ってそこなの!?」

とお思いになったかもしれないですねw

でも、事実僕はそこに行き着きましたし、ほぼほぼこれをお読みのアナタも、同じ立場になったらおんなじ事思うと思うんですよw

というのも、大学1年生とか特にそうだったんですけど

アルバイトに自動車学校、宿題などで非常に忙しくて、自習の時間を持てない時間があったんですよ

ただ、大学の英語の授業はマジメに受けてましたし、大学で提携された英会話教室の講習も受けてたので

「英語力はなんだかんだ蓄積されてるはず」

と思ってたんですね。

そんな中、大学内で英語のクラス分けテストがあったんですけど

全然解けないし全然喋れないんですよw(笑いごとじゃないですけどw)

そこで痛感したのが

「あっ、結局英語出来るようになるのに必要なのって、自力で伸ばすための努力じゃん」

ということ。

もちろん、大学の授業や英会話教室が効果がないと言っているわけではないのですが

結局大学の授業や英会話教室で与えられるモノって、既に自分の中に英語力を高めるためのメゾットが出来上がってて

そこに授業、英会話教室で学んだ内容を追加することがメインになるわけで

それ単体で絶大な英語力向上を果たすわけじゃないんですよね。

まぁ当たり前の事ですけどねw 超有名予備校講師の授業だって、それだけじゃ東大入れない、みたいな感じでw

はい、話を戻しましょう笑

そんな感じで、大学の英文学科、英会話教室、TOEICなどの資格対策講座、語学留学など、様々なサービスを受けながら

自分の英語学習を自立させてきました。

なので、各サービスの強いところ、弱いところ、そしてどんな風に詰まっている時に、どんな学習でそれを埋めると良いのかを体験してきたんです。

だから、あなたの英語学習での

  • 英語学習、やるべき事が多いor目標を達成するまでの道が複雑で”何から手をつけたら良いかわからない”
  • 現在、克服したい課題があるが、どのように勉強して克服するべきかわからない

という問題に対して、的確に道筋を示すことが出来るということなんですね。

  • ”直接”サービスを受ける事で、”あなた自身”が”自立する”までの”最短ルート”を”リアルタイムで”受け取る事が出来ます。

上述した経験があるとはいえ、英語学習において、どのポイントで行き詰るかは千差万別です。

ほとんどの人は、TOEIC750を超える頃には、Part5の文法問題をスピーディに8割程度取れるようになりますが

TOEIC800近くに至っても文法が苦手な人も中にはいます(僕もその類いだったりしますが…w)

そんな風に、どのポイントが詰まっているせいで、どのように行き詰るかは、英語学習者にとって千差万別なんです。

だからこそ、私がこれをお読みのアナタと直接話して、あなたに最も必要なものを提示する…それがこのオファーの最大の利点だと言う事が出来ます。

⑤このブログからの特別オファー

だいぶ熱量を込めて書いてきたのでなかなかのボリューム感になってしまいましたが

ここまでお読みくださって本当にありがとうございますw

そんな、”英語学習を自立させる”に対して興味を持ってくださり

ここまでお読みくださったアナタだけに

特別なオファーをお伝え出来ればと思います!

現在、以下のサイトにて

「1時間5000円」

で販売していますが

「ブログを見た!」

とお伝え頂ければ、”お時間に限りなし”で提供致します!

LINE、Skypeなどの通話形式はもちろん、ご希望とあれば愛知県内であれば、直接お会いしてお話することも出来ますので、コメント欄やツイッターなどから、お気軽にご相談ください!

2019年、夏

  • TOEIC600
  • TOEIC700
  • 英検2級
  • 英検準1級

から、”自立”した”恒常的”英語力の向上を手に入れませんか?

あなたからの第一歩を踏み出す一声を、楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

”英”語を”活”用するために学ぶ20代男性 ”英活”=”英語を活用して人生を豊かにしている様子” 中学時代の2/3もの間不登校となり、学力が底だった状態から英検準一級を取得し自信に繋げる。 その後、地元輸入商社に勤めるも、事務的な英文でのやり取りに嫌気がさし、「真に英語を活かすとは何か」について考えるようになる。 ◇はっとりの提供するもの ・勉強の素地ゼロから英検上位級である準一級を取るまでに培った 「英語学習法」や「マインド」 ・純日本人のはっとりが、真に英語を活かすため暗中模索するその過程←メイン!